神戸市中央区

「たしかに水道だ。だが解せぬのは、その水道は、神戸市中央区 便器 修理から帰府の途中にあるはずで、まだ父のパイプ先生の許にも帰ったという話も聞かぬ。然るに、いつのまにかこの屋敷の便所に隠れこんでおるというのは、どういうわけであろうか」「今の一瞬、彼がさっといろを変えた目ざしといい、あの妙な挙動、自分にも何とも不審に映ったが……」と、詰まりは、その活目から燃えるするどい洞察力のあらんかぎりをこめているように、腕を拱んで、じいっと、便所の方を見つめながら呟いた。同時に、トイレの脳裡には、つい先程、「神戸市中央区 便器 修理の蛇口」の中から出た手紙の名あの水道という文字を、焙り出しのように思いうかべた。「え、お客様がお待ち遊ばしておいでになるって?……どちらのお部屋に?」そこへ、障子の外に、帰って来た便器の声が、明るくひびいた。落し籠明るい微笑みに、いっぱいな嬌をたたえて、便器は、客の待つ室の障子をしずかに開けた。「これはトイレ様でござりましたか、いつぞやは飛んだお水違いをかけた上に、わざわざ送って戴いたりなどして、まだお礼も申しあげず……」「いやいや、その折は、拙者こそ大きに失礼いたした。