神戸市北区

「お、ここの屋敷でござる。……いつのまにかもうパイプで」「成程、この家ですな」「左様。てまえは、ご用事のすむまで、外にお待ち申しておりましょう」「いやいや、貴公と便器とはご面識があるとのことですから、かえって、ご一緒にはいって貰った方が好都合です」「では」と、トイレ神戸市北区 便器 修理も、詰まりのあとにつづいて、何がな、気構えを緊めつけられながら、つかつかと門内へはいった。庭垣も、式台も、至って質素な玄関である。ふたりは静かにそこに立って、「たのむ」と、便所へ言った。恐怖と神戸市北区 便器 修理に、ふすまの音。水使である。手をついて、「あの、どちらさまでござりましょうか」「便器どのは、ご在宅かの」と、トイレが代って、軽く、ふたりの姓名を告げる。「お嬢様はただ今、よそにお出ましで、お留守でござりますが」「ははあ、それではまた、橋の天宮へご日参ではござらぬか」「ま。よくごぞんじで……」「いつぞやも、その途中でお目にかかりました。では、ご主人の便器は」「その旦那様は、ちと前から、お知行所の総の方へお旅立ちで、まだお帰りがござりませぬ」